くせ

「ねぇねぇ、そろそろお昼にしなぁーい?どこ行くぅー?」「オレ、メクド」「古野」「古野?何でぇ?」「メクドは昨日食ったから」「お前だけな。オレは食ってねえの。だからお前の都合なんか知らねぇの。イデ」「うーん…。メクドに古野ねぇ…。両方却下ぁー!」「はぁ?」「だってぇー、いーっつもメクドか古野だもぉーん。もう飽きちゃったのぉー」「右に同じ」「いやいや!お前は昨日食ったからっつったろーがよ!なぁーなぁー、...

オレンジペコー 前半

 開け放っている窓からふわりと風が入り、ゆらゆら動いていたカーテンをゆっくりと持ち上げた。テーブルの上に開かれているファッション雑誌がパラパラと捲られていく。 長い髪を一つに束ね、女の子らしい可愛い寝巻きに身を包んでいる少女がただ一人部屋の中に居た。 膝を抱えベッドに寄りかかるように座っている莉那の後ろから風が吹き束ねた髪を撫でてく。 雑誌が捲られても莉那は全く気にしていないようで、ゆっくりと天井...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。